コンテンツ

排水管の水漏れとトイレ浄化槽でつまりが起きたとき

排水管 水漏れが起こったときや浄化槽でつまりが起こったときには、自分で直せるものではないため業者を呼びましょう。周りの住宅にも被害が及ぶ恐れがある問題なので早急に解決する必要があります。

■排水管の水漏れ

排水管の寿命は材質によって異なりますが、20年から40年とされています。日常生活で水を使う台所やお風呂、トイレなどからの排水を外に運ぶ通路となるところなので、使用する頻度によっても耐久年数は変化します。排水管で水漏れが疑われた場合は、被害が大きくなる前に対処することが大切です。前兆として、例えば流しの下の空間が湿っぽくなっていたり、カビが生えていたりしたら、どこかで漏水が疑われるため注意が必要です。また排水管の接続部分がずれて水が滴っているときなどは、気づくのが早ければ早いほど大掛かりな工事をしなくても簡単な修復で被害拡大を防ぐことができます。

■浄化槽でのつまり

浄化槽でつまりが起きたときには、専用のバキューム洗浄を行うことでつまりを解決することができます。浄化槽法という法律で浄化槽の清掃や頻度などが細かく定められており、その清掃方法には高度な専門知識が必要になります。浄化槽での異物のつまりが疑われた場合は、素人判断で解決しようとせずに信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
排水管や浄化槽でのつまり、水漏れが起きたときに自分で何かをしようとするのは危険です。トイレや台所、お風呂を使用していて異変を感じるとき、その異変はいつから始まったか、何か異物を落とした記憶があるかなど、考えられる理由を業者に伝えることで問題を解決しやすくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ