コンテンツ

まずは試してみて欲しいトイレのつまりを直す方法

排水管 水漏れやつまりは毎日トイレを使用していればいつかは起こってしまいます。水で溶けるはずのものが原因でつまりが起きた場合、直すのに簡単に試せる方法を紹介します。

■自然に分解を促す方法

道具を使わずに試せる方法はお湯を使って流す方法です。ここで注意しなければならないのが、決して熱湯を使用しないということです。トイレは陶器製ですので、熱湯を流すと急激な温度変化によって割れる危険性があります。40度前後のぬるま湯を少し高めの位置から勢いよく流してみると、つまったトイレットペーパーが水の勢いで分解しふやけてつまりが解消されやすくなります。

■重曹と酢で分解

お湯でつまりが解消されない場合、重曹と酢を使う方法も有効です。重曹を4分の1カップと酢2分の1カップ、40度前後のぬるま湯を用意します。止水栓を閉め、電源を抜き、窓を開け換気ができる状態にしてから始めます。
まず便器内の水を全て取り出した後に重曹、酢、ぬるま湯の順に入れ1時間ほど放置します。このときのぬるま湯の量は、通常の水位の半分程度となるように入れます。重曹と酢を混ぜることにより炭酸ガスが発生し、つまりの元となるトイレットペーパーを分解させる効果があります。1時間後に少しずつ水を流してみて、水が減っていくならつまりが解消されています。

■まとめ
手軽にできるつまり解決法を紹介しましたが、これらの方法は固形物や水で溶けないものをつまらせた場合には解決するのは難しい方法です。その場合には自分でつまりを直すのは難しため業者を呼び、状況を説明した上で対応してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ