コンテンツ

トイレのリフォームをする際にはつまりについても考える

トイレのつまりが起こったとき、もし長年トイレを使用していて落ちない汚れも気になっているとしたら、部品の交換をするだけではなく、リフォームをしてトイレを一新させるというのもおすすめです。ただし、リフォーム方法は様々ありますので、依頼する前にある程度の知識を持っておきましょう。

■まずは便器の排水方法を確認

便器の排水方法は主に2種類あり、床排水型と壁排水型です。床排水は戸建てに多く、壁排水はマンションなどに多いとされています。排水方法が床排水だった場合、本来であればリフォームする際に排水管の移設工事が必要になります。しかし最近ではこの移設工事をしないで排水管を繋げられるように調整する、リフォーム便器を用いた方法もあります。こうすることによって、工事費用と時間を削減することができるのですが、排水管を無理やり繋げるために角度や長さが生まれ、これがトイレをつまらせる原因となり得るのです。

■リフォーム便器を使ってリフォームするときの注意点

壁排水の場合は何も気にせずリフォームすることができるのですが、もし床排水の場合はなるべくなら排水管の移設工事をすることをおすすめします。それでも費用などの理由でリフォーム便器を利用するときには、通常のトイレよりつまりやすい構造になっているということを理解し、正しいトイレの使い方をするように心がけてください。当然ですが、トイレットペーパー以外は流さないことや、十分な水量でしっかりと排水することです。また一度に大量のトイレットペーパーを流さないようにすることも大切です。

■まとめ
リフォームには簡単で安く済むものから、大掛かりな工事が必要になるものまでその内容は幅広いです。当然大きな工事になるほど費用も高額になります。どういった方法を取ればいいのか悩む場合は、水道 評判でしっかりと実績と定評がある業者に相談するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ