コンテンツ

トイレのつまりを解消するための便器の取り外し取り付け方法とは

トイレのつまりが起きた際、つまったものがラバーカップで取れない場合は便器を取り外すことによって取れるものもあります。やり方が分かれば自分でも便器の着脱は可能です。

■便器の着脱方法

まず工具の確認です。ドライバーやレンチなど必要な工具を用意しましょう。ない場合は、ホームセンターに行けば必要な物は揃います。作業は必ず止水栓を閉めて、タンク内の水を全て空にし、ウォシュレットがついている場合は電源のコンセントを抜いてから始めます。
始めにタンクやウォシュレット、給水管など取り外せるものを全て外していきます。その後、便器を床から取り外します。異物があった場合はこのときに取り除くことができます。
取り付けるときは、逆の作業をしていきますが、劣化しているボルトやナットなどがあれば新しいものと交換してから取り付けるようにしましょう。

■自分で取り付けするときの注意点

便器の重量は大体20kg以上はありますので取り外しを行う際は注意が必要です。便器は陶器製のものがほとんどですから、傷がつくと割れてしまうこともあります。割れた陶器に触れると怪我に繋がることもあるため、作業する際は必ずゴム手袋などを使用して素手では行わないようにしてください。
もし作業の途中でも、陶器が割れてしまったり接続方法が分からなかったりしたら無理に自分でやろうとせず、専門業者に頼むようにしましょう。

■まとめ
トイレで異物のつまりが起きた際は便器を取り外して取り除くことは可能ですが、体力と時間を要する作業になります。また難易度も高く知識がある人でないと難しいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ