コンテンツ

洋式トイレと和式トイレのつまり問題

今では洋式トイレが一般的に普及しています。しかし、和式トイレが全て撤去されているわけではなく、古民家や公衆トイレなどでは今でも和式が使われているところもあります。それぞれのタイプで起きる水のトラブルについてご紹介します。

■和式トイレの方がつまりにくい

和式も洋式と同様に水のつまりは起きますが、2つを比較すると和式の方が構造的につまりにくいとされています。これは洋式は排水路が曲がった複雑な形状をしているのに対して、和式は単純な構造であるため、洋式ほど水を必要とせず流すことができるためです。
また、排水路の太さの違いも大きく影響しています。洋式は排水路が曲がっているだけでなく細いので、その分排泄物がつまりやすくなります。

■それでも洋式トイレが好まれる

和式の方がつまり問題は起きにくいとされていますが、それでも年々洋式が増えています。最近では和式をリフォームして洋式にするような工事も多いです。費用は工事内容によっても異なりますが30万円から50万円ほどが相場となっています。足腰への負担が減るということや、排水路との距離があるので臭いが広がりにくいといったメリットもあります。

■まとめ
つまりが起きた場合の対処方法は形式の違いに関わらず概ね同じですが、使用感はそれぞれにメリットとデメリットがあります。近年の傾向として使いやすさから好まれるのは洋式となっておりますが、小学校ではまだ4割以上が和式トイレの方が多いという調査結果もあり、日本人にとってはまだまだ和式を利用する機会はありそうです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ